カテゴリー

2009年01月22日

富士山♪

Image056.jpg
先般静岡に富士山を見に行きました。
どうです?この富士山わーい(嬉しい顔)
私の日頃の行いが良いので♪素晴らしいお天気でした晴れ
静岡から見る富士山は優雅ですよね。
山梨から見る富士山は厳しいと言いますが、甲斐から駿河へ到着した武田軍団に駿河の景色はどううつったのでしょうね。
優しげな富士山と海、きっと魅力的だったろうなぁ、とか、それどころではないか??なんて思いを馳せたりして。
静岡と言えば徳川はもちろんですがその前は今川の地で、「吐月峰柴屋寺」にも足を伸ばしました。
足利義政が贈った文福茶釜や後水尾天皇宸筆、信玄が贈った茶碗などお宝が人の手には触れられないとは言え案外無造作に置いてあるのにちょっとビックリです。
しかし、このお寺はスゴイ!
庭園を銀閣寺に模し、東方には東山の月、月見石、南方丸子富士、西北には天柱山とすべての景色を込みで庭を作っているんですよね。
決して華美ではないのですが、私にも侘びとか寂びが少しは理解できるような!
京の文化に憧れた今川を実感できる史跡でした。
そして、丸子と言えば!「梅若菜 まりこの宿のとろろ汁」と芭蕉が詠んだ丸子のとろろ汁ハートたち(複数ハート) 海の幸も山の幸もメッチャおいしい静岡でしたぴかぴか(新しい)


☆ここでティータイム☆
今週になって我が家はインフルエンザ台風の襲来を受けています。
日曜に次男が発熱、昨日は三男が発熱し学校から連絡がきました。
三男は早退で病院に行ったのですが昨今、インフルエンザ治療薬を処方するには親の承諾書が必要なんですね。
「タミフルもしくはリレンザを処方しますか?」と聞かれても薬が必要なら処方してもらいたいし、処方しなくても全治まで時間がかかるけど治るなら必要ないし、返事しにくいですよね。「親御さんが必要なら処方します」と言われても自分で判断がつかないので学校の保健室に電話をしてしまいました。
結局、タミフルはA型の場合効かない場合もあるし薬が強いのでリレンザ処方の方が良いとアドバイスを頂き、「私が処方をお願いしました」と書いた紙にサインをしてやっと処方してもらいました。
しかしね、、薬を処方するかの判断を薬も医療の知識もない患者まかせにするってどうでしょう?
自衛策として仕方ないのかもしれませんが症状によっても処方の可否は違いますよね。
これくらいの症状なら飲んだ方が良いですが危険性もあるのでどうしますか?ならまだ納得できるのですが、、、、、皆様、どう思います?

そんなこんなで先般はすっかりサッカーの試合を見逃しましたふらふら
今年はサッカーはW杯出場がかかる年だし、野球はWBCの年だし楽しみがいっぱいです。
が、野球のシーズンは何だか寂しくなりそうですね。
WBCが終わったらシーズンも終わってしまった感覚かも。

posted by jasmintea at 12:58| Comment(14) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

紅葉の鎌倉…にはちょっと早かった

鎌倉宮Image024.jpg

今日は鎌倉は小学校の遠足以来!の人と紅葉を見にいこうようツアー第二弾に行ってきました。(第一弾はここです)
駅を降りたらあまりの人混みに圧倒されちゃって。相手の方は人混みが苦手なので比較的すいていると思われる鎌倉宮と頼朝の墓、妙本寺をチョイスしました。
1枚目が鎌倉宮、2枚目が鶴岡八幡宮ですがまだまだですね。
昨年12月初旬で盛りだったことを思えば当然暖かかった今年はまだ早かったかな。
(鎌倉宮で護良親王の話をしたら土牢と御構廟を見たいとのことで中に入ったのですが御構廟では寒気がすると言って通り過ぎていました。霊感が強いんですってあせあせ(飛び散る汗)
続いて妙本寺に行くつもりが……
またまたやってしまいました……
必殺方向音痴(^^;)
本覚寺を見落とし気がついた時は由比ヶ浜まで5分くらいの場所だったので予定変更!由比ヶ浜にgogoひろみGO手(チョキ)
Image027.jpg
Image031.jpg
ちょうど着いた時間が陽が沈む前だったのでこんなステキな光景を見られましたぴかぴか(新しい)
到着した時は60度くらいの位置だったのに20分ほどで沈んでしまいました。
太陽が欠けだしてからはほんの数分で沈んじゃうんですね〜
自然の素晴らしさをすっかり堪能し、調子よく「私の方向音痴っていつもラッキーを呼ぶんですぅるんるん」なんて言いだす困ったちゃんが約1名いました。
その後は駅に出て先般のオフ会でひ〜こさんがおいしそーに食べてた夫婦小豆を食べて帰ってきました。



☆ここでティータイム☆
最近ついやってしまうのがみんなの検定
最初戦国時代の検定を見つけたのですが10問中1問、義元の首をあげた人を間違えたのが悔しくて他の歴史検定に没頭♪
歴史検定以外にもいろいろあるとわかり「スラムダンク検定」で満点でご満悦。返す刀で「十二国記検定」に挑戦しましたがこれが満点をとれずまたあれこれチャレンジ。
ふと、私ってお笑いの知識はあるの??と思いM1グランプリ2にチャレンジも、、、1問もわからない〜〜
山勘で2問当たったものの私の知識って偏っているなぁ、と苦笑いしましたあせあせ(飛び散る汗)
今度はプロレス検定を見つけてみようっとわーい(嬉しい顔)

ところで、次男曰く最近原型をアレンジした変わった食べ物がブームだそうで。
焼きそばラーメンとかラーメンバーガーとかわさび最中とか。
そう言えばこの前会社で唐辛子チョコを食べましたがこれは……
そこのチョコは胡椒チョコとかもあるんですよね〜。
一風変わった食べ物かぁ、、皆様は変わった食べ物を食べたことあります??

PS テンプレートは私が行きたいところ特集第一弾ですハートたち(複数ハート)
posted by jasmintea at 21:25| Comment(22) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

藤城清治展

昨日会社帰りに銀座文教堂で開催されている藤城清治展に行ってきました。
本当は広島を描いた「悲しくも美しい平和への遺産」 (リンクで影絵が見られますのでお楽しみ下さい♪)を見たかったのですが、ただ今越谷の展覧会に出展されていて今回は見ることができませんでした。
それでも、藤城さんが織り成す光と影の世界を堪能晴れ
中でも印象深かったのは「森の中では鈴を鳴らそう」。ツキノワグマが害獣となっている現状に心を痛め描いたものです。鈴を鳴らしながら森に入っていく小人達と、それを木の上から優しく見ているクマ、森に住む動物が描かれています。本来なら人間も共存すべきなのに環境破壊が進みクマ達も人里に出没せざるえなかったりするんだろうな、と思っていました。
描かれているのはファンタジーなのですがメッセージ性に溢れているんですよね。

みんな小人くんを心の中に持っていたらどんなに楽しいだろう。
どこまでも自然体でいつまでもこどものように赤ん坊のように
楽しくいきいきと遊びながらそして、命がけで描いていきたい
みんなと一緒に小人を司会者に幸せになっていきたいと思う。

    藤城清治

小人なんていないのよ、じゃなくてこんな風に感じながら私も毎日を過ごしたいな。
葉っぱの隙間から溢れる陽光、暗闇を照らす光、光があるからできる影、色とりどりの自然。
日々の生活で失われがちな感性を呼び覚ましてくれたとってもステキな時間でした。
越谷は会期が26日までなのですが25日に時間があったら行きたいですぴかぴか(新しい)


☆ここでティータイム☆
19日の大河ドラマ篤姫、は大泣きしながら見ていました。
私ってドラマでも小説でも家茂が亡くなるシーンは涙になっちゃうんですよね。
おーい竜馬の勝との最期のシーンも涙涙で読みましたが今回も北大路さんと家茂役(若手俳優の名前を知らない私あせあせ(飛び散る汗))の俳優さんの演技が良かったですね。
ちょうど昨年の大徳川展で西陣織の本物を見たので余計思い入れが強かったかも。
次回は孝明天皇崩御ですがこれもどう書かれているのか楽しみです。
(暗殺を匂わす描き方だと面白いんですけどね〜〜)

先週のこと、「秋の味覚特集」と題して松茸ご飯とサンマの蒲焼、里芋の煮物、デザートは梨♪にしました。(○○特集と題して夕飯を作るのが好きなんです)
翌日松茸ご飯の残りをお弁当に入れようとしたらあら不思議〜松茸がナッシングぅもうやだ〜(悲しい顔)で松茸風味だけご飯に変身していました。
食べ物の恨みは怖いぞ、と言うことでどうお返しをしようか考え、思いついたのが偽松茸ご飯♪♪
永谷園の松茸のお吸い物にエリンギで作ってみましたexclamation×2が、既に私が1シーズン2回も松茸ご飯を作らないだろう、の鋭い三男の読みでバレバレ……あえなくお返しは失敗に終わってしまいました。
で、今日は松茸だけ食べた犯人三男のお誕生日です。
最近声変わりもして、身長もグングン伸び、言うことも大人っぽくなってきました。
子供の成長に追いついていけるかなぁ
posted by jasmintea at 12:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

お台場オフ会

Image013.jpg10月11日は鎌倉オフ会以来8か月ぶりとなるmadoさん小春さんひ〜こさんとのオフ会でお台場に行ってきました〜♪
今回は私以外は皆様和服で登場!
お台場の海岸を散歩していたら2回も写真を一緒に撮って下さいとお願いされる3人の気品ある美しさでした。
と、書くと何だか優雅な感じがするでしょ?
でも実際は小春さんの登場の時からひ〜こさんがいつもの小春さんの登場ぶりに笑いが止まらずで以降も喉が痛くなるくらいずっと笑いっぱなしだったし、プリクラの時はあの狭い空間の中を席取りゲームのようにドタバタ移動していた楽しい時間でした。
オフ会となるとドジをひ〜こさんの記事で書かれるので気をつけていたのですがまたやらかしてしまいました〜あせあせ(飛び散る汗)


Image021.jpg水上バスで日の出桟橋に出る時に撮った砲台跡です。
1853年(って、確かオネーサンが説明していたと思う…)に黒船来航に備え江戸幕府が作った砲台跡。ちょうど現在大河で放映中の「篤姫」のスタート地点となった時代ですよね。
ドラマの流れを思い出すと斉彬の養女となった頃が黒船来航と重なっていたような気がするのですがそんな歴史ある砲台跡と現代的なビル群が重なるこの画像は何度見ても不思議です。
すっかりこの景色を見ながらこの頃の海防はどれくらいのものだったのかな、とか、勝のとっつあんもここを訪れたのだろうか?などと空想に浸っていた私でした。どこへ行っても歴史を感じるものがあるととっても嬉しくなります。

Image025.jpgまたまた日の入りを撮ろうと心待ちにしていたのですが残念ながら沈む太陽が雲に隠れてしまって……
太陽をわざと隠すかのような雲と、上に伸びていく飛行機雲。飛行機雲の上はまだ明るい幻想的な光景でした。
これは携帯の画像をなおかつ小さく小さくしているので感動も何もないですがホンモノは素晴らしかったです。
どんなに人間の技術が進化して街並みや見える景色が変わってもこの空は太古から永遠に変わらないんでしょうね〜。
madoさんと二人、美しい光景に感動していました。

Image015.jpg最後におまけ画像ですがお台場のお土産屋さんにあったカレーラムネです。
ポップに書いてありますがわさびラムネもあるんですよね〜〜。
1本買って一口づつ飲んでみる?なんて話していたのですが残った分はどーするんだ?なんて話になり買いませんでした。
もし、飲んだ方がいらしたらぜひ、コメント下さい。

本当にいつも楽しい時間をありがとうございます。madoさん、小春さん、ひ〜こさん、ぜひまたお目にかかりましょうね♪


☆ここでティータイム☆
怒涛の3連休、今日は池上本門寺の御会式に行ってきまーすぴかぴか(新しい)ちょっと最近元気がないんじゃないか?と親友ちゃんが誘ってくれたのですが、日蓮が亡くなった場所で命日にあたる13日を中心として行われるこの行事には興味があったんです。今日は万灯供養で3千人の行列が街を練り歩くんですよねわーい(嬉しい顔)
鎌倉から徳川に至るどの時代でも武士の厚い庇護を受け栄え、戊辰戦争の時は官軍の本陣となった本門寺。ここで西郷と勝はどんな話し合いを重ねたのでしょうねexclamation×2と、何だか幕末の話題が多い週末ですね(苦笑)

最近驚きのニュースが多いですが、
@阪神岡田監督辞任!
これは驚きました。やはり途中からの失速が大きな原因なのかなぁ?手堅い采配で阪神をさらに強くした手腕は証明されているのにもったいない気がします。優勝を逃した責任を感じているのだと思いますがもし、クライマックスシーズンを勝ち抜いて日本シリーズも優勝に導いたらファンの中でも来期も指揮を、と願う方も多くなりそうですね。
A最近の経済情勢
仕事の話が入ってしまいますがどう処理して良いか迷うことが多いです。不安に思う要素があると最近は何でもペンディングの判断をしたりして。
当社のようなちっぽけな会社はお金を動かすことが怖くなってきますよね(って、社長は気にしてないのですが!)もっと経済の勉強をしないとなぁ、と最近は歴史関係だけではなくマジメに経済本も読んでいます。(なかなか先代旧事本紀が進まないもうやだ〜(悲しい顔)ふらふら)
もっと時間がほしい〜〜、と言いながら、もし1日25時間あったらそれだけゆっくり年をとるの?いや、駆け抜けていくなら早く年をとるの?なんてくだらないことを考えてる私。時間が増えてもしょーもない空想時間が増えるだけだな、なんて苦笑です。
posted by jasmintea at 10:11| Comment(15) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

三浦へ日帰りのお出かけ♪

01.jpg
昨日9月14日、三浦に行ってきました♪天気予報は生憎の雨だったのですが日頃の行いが良い(?)私は雨にも降られず楽しいおでかけでした。
まずは京浜急行三崎口で降りて和田氏の夢を見に八雲神社へ。
地図を見ながら「国道134号をまっすぐね!」と女2人でペチャクチャ喋りながらバス停3個分を歩いていました。2個目の停留場で次のバス停の名前を確認したら、、あれ??違う名前……
ゴミを捨てていたオジサマに聞いたら、、何と、、、国道134号は合っていたのですが180度方向を間違っていたようであせあせ(飛び散る汗)
慌ててバスに乗って今度は無事「和田」と言う停留場で降りたのですがまたまた道を間違えてすでに1時間20分迷子で時間をロスしてしまいましたふらふら
で、やっと着いた八雲神社です。02.jpg

和田義盛碑。
義盛がいなかったら頼朝は天下を獲れたかどうか。それなのに悲劇的な最期で義盛を思い合掌してきました。

本当はまだ城痕とか見たかったのですが迷子になってた時間が長すぎて1時予約に間に合わないので泣く泣くリゾートホテルマホロバマインズ三浦 へ。




03.jpg
クアパーク、露天風呂付大浴場に昼食込で2900円。
日頃の疲れを癒すゆったりまったりタイムでした。
クアパークの抹茶風呂、水蒸気風呂、ジェットバスはメッチャ気持ち良かったです。

極楽なお時間のあとはお出かけ前から期待していた海に沈む太陽を見たくて三浦海岸へ。
海の風景は心癒されません?
朝は曇りだったので心配していましたが晴れも出てきたのでもうワクワク黒ハート









04.jpg
05.jpg
ハハあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

夕日が沈むのは海側ではなかったよーで爆弾
東西南北がわからない相変わらずな私です……
まぁ、海に沈む夕日は×でしたがキレイな日の入りだったので良しとしますわーい(嬉しい顔)













06.jpg07.jpgそしておでかけの締めはおいしい夕食〜♪
監査役に教えて頂いた回転寿司の「海鮮」に行きました。
その日水揚げされた魚なのでともかく新鮮でおいしいハートたち(複数ハート)
久里浜のタコや黒むつ、赤むつ、まぐろのカマ煮を頂いてやっぱり締めは!!!
炙り大トロにするか、だーーーい好きな穴子にするか悩んで穴子にしました♪
いや〜、お腹いっぱい、とか言いながら本当においしかったですぴかぴか(新しい)

この回転寿司で締めを何にするか、ってこだわるところですよね。皆様は好物にします?それとも最後はサッパリと、とかで決めます??
私はいつでも好きな物は一番最後なので好物で締めます。
皆様の回転寿司の食べ方のこだわりがありましたらぜひぜひコメント下さいね!!!
と、夢のような時間を三浦で過ごし帰ってきました。
三浦半島はまだまだ見ていない史跡がたくさんあるのでまたチャレンジしたいな。

って、何だかわからないのですがレイアウトがうまくとれません(涙)
記事作成画面と実際のレイアウトが違うんですよね……
見にくくてごめんなさいですがく〜(落胆した顔)

posted by jasmintea at 21:42| Comment(12) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

奈良旅行〜♪

3連休で両親、妹ちゃん、姫(3歳の姪)、三男で奈良に父方のお墓参りい行ってきました。
いやいや、メッチャ暑かったです晴れ
1日目は生駒のお墓へ。これが区画はわかっていた&地図を印刷していたのでどうにかなるだろう、と父の道案内だったのですがやっぱり迷子になってしまって。
両親も姫もすっかりダウン状態……私と妹でお墓を探しに行ったのですが道を尋ねたオジサマが「どうせ通る場所だから乗せていってあげますよ」って。
チャッカリ私は「年をとった両親が上で待っているんですけど年寄りだけ乗せて頂いても良いですか?」とお願いしてしまいました。
旅行で迷子になって親切な方に車で拾ってもらうのってこれで何度目かなぁ??
ここ数年だけでも大三島、伊勢神宮、明日香と4回目??世の中親切なオジサマがたくさんいますよね♪←え??何度迷子になるんだって??あせあせ(飛び散る汗)

で、2日目は奈良のホテル近辺の史跡まわり。
興福寺から法隆寺金堂展、東大寺、春日大社など回ったのですがともかく引率に精一杯でほとんど観光の印象がなくて。歴史の息吹を感じる間もなくただリクエストのあったところをまわった感じです。
旅行前にいろいろアドバイス下さったり、ブログ記事のアップを待って下さっていた方、申し訳ないです〜〜。

そして3日目は両親と妹ちゃん、姫を見送ったあと明日香に♪
これも事前にこれ以上ないほどに詳しく教えて頂いたのですがホテルを出た時間が遅くなってしまったので一番楽しみにしていた甘樫丘はあきらめましたふらふら
三男が宿題で「蘇我氏新聞」を作るそうなので外せない石舞台古墳と飛鳥寺、入鹿の首塚と板葺宮跡をまわり高松塚古墳に。
高松塚古墳は前回は瀕死の重病でICUに入っていた感じでしたが少し回復してきたのかなぁ。古墳全景を見られるのはいつのことでしょうね。
入鹿の首塚では通ってきた板葺宮からここまで首が飛んできた話をしたら三男は「どんだけオカルトなんだよ〜」
これはそーいう問題ではなくて云々と馬の耳に念仏の三男に入鹿の悔しさを力説していた母でしたわーい(嬉しい顔)
サイクリングをするのにはハードな暑さだったので「太子の湯」や「万葉文化館」「壁画館」などで涼をとりながらでしたがおにぎりを口にほおばりながらの親子サイクリングは楽しかったです。
三男はこの旅行中ずっと父の面倒を見てくれたり、気を遣ってくれたり。サイクリングでも私がグロッキーしている間に道を聞きにいったりしてホントに頼りになりました。(ちょっとの上り坂でもグロッキーになるしょーもない親……)
親バカな私はすっかり彼の成長が嬉しかったのですが地元駅に帰ってきてからは「友達と会ったらイヤだから離れて歩いてくれ」と言われガッカリたらーっ(汗)
まぁ、そんなお年頃だから仕方ないか。これが最後の旅行なのかなぁ?とちょっと感傷的でした。

しかし今回一番不思議に思ったのは何で中大兄は宮を難波と大津にしたのでしょうね?
いろいろな解釈はありますが単純に古来からの明日香古京を離れたかった?それは何故?
「あなたは何者??」なんて妄想が近鉄に乗って、明日香から遠ざかっていく時に頭の中でグルグルまわっていました。
昔は「あなた誰?」の疑問は大海人に対して発したのですが最近はどうも中大兄に発してしまう私。
何故蘇我を倒す必要があったのか(教科書的に言えば入鹿が専横を極めて、でしょうが私はそう思っていないので)、どうして白村江まで行ったのか、彼は鎌足の傀儡なのか、そうではないのか、やっぱり歴史って面白いと感じた明日香でした。
三男の撮ったベストショット
ea5f.jpg
興福寺五重塔夜景
27a0.jpg

その他写真は、このアルバムにありますので良かったらご覧くださいませませハートたち(複数ハート)

posted by jasmintea at 18:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。