カテゴリー

2008年09月06日

正統性…

歴史上でも現代でも、政権にとって必要なのは「正統性」ですよね。
正統性なき政権はどうにかして正統性をつけようとする…事実を歪曲しても、記録を塗り替えても。
時には前政権の血を受け継ぐ女性を娶ったり、敗者側の妻を強奪したり、なんてケースもあります。
現代の政権の正統性は民主主義ですから民意の反映ですが福田政権が民意が反映されていたのか疑問です。
何と言っても今の衆議院は小泉サンが郵政民営化の是非を問うた総選挙の結果、ですものね。
今度の総裁選はソーリーアイムソーリーになりたい方々がたくさん立候補するみたいですがトップが決まったあとはまず民意を問うてほしいです。
各党はこの国の未来図をどう描くのか?
社会保障はどうするのか、薄く広くにするのか、現状維持でいくのか、もっと手厚くするのか。
そのための財源はどうするのか、目的税にするのか、消費税の増税か、所得税の増税か、法人税の増税か。
もちろん増税ありきだけでは払う身としては納得できませんよね。
これはやるからこれは我慢してほしいの説明がきちんとなされなくてはイイ話を鼻先にぶら下げられても信用できません。
行政のスリム化とサービスの低下は比例してしまうので難しいところもありますが無駄はやっぱり省いてほしい。
税金から拠出される高額な役員退職金を何度も受け取るのは論外ですよね。
様々なことを国民に提示し、論議し、審判を受ける。審判する側もせっかくの自分の権利を放棄したりせずに行使することを忘れないようにしたいです。
そうじゃなかったら「安倍サンも福田サンも無責任だぞ」などと言えないですものね。

正統性、をキーワードにふと思いついた歴史の話ですが、力がすべての戦国時代に逆に正統性を盾に三法師を擁立した秀吉ってスゴイですね。
普通なら信長の息子達の中で、と考えるのが当然の成り行きなのに誰が考えついたのでしょう?本能寺の変から中国大返しと清洲会議と今ふうに言えば「まさに神」って感じがしません?
ただ、信忠の正妻が空席で(武田や北条の姫との悲話がありますが)あくまでも側室の子であったことを考えるとよくドラマのシーンで出てくる秀吉が三法師を抱きながら登場→そして諸将がひれふす場面はそんな簡単だったのだろうか?と疑問です。
簡単なシーンにちりばめられた織田家後継争いが本当はどんな経緯をたどっていたのか、裏でどんな駆け引きがあったのか、シナリオライターは秀吉本人なのか、他の人なのか。これは歴史空想好きジャスミンにとっては楽しい空想です(笑)


☆ここでティータイム☆
パラリンピックが始まりましたね〜わーい(嬉しい顔)オリンピックのあとの楽しみはパラリンピック。
スポーツの素晴らしさに心打たれます。
どうも五輪はメダルが、とか、国のために、とかにこだわりすぎていて、本来のスポーツのスゴさとズレている気がしてなりません。(報道がそうしているのかもしれませんが)
アスリート達のスピリッツに純粋に感動したいです。←でも放送が少ないですよね(怒)

今度、社用携帯が配布されることになりました。ISMSを取得した関係なのですが何だか会社から縛られているみたいだなぁ。
社用携帯をお持ちの皆様はやっぱり2台持ち歩いているのでしょうか?
今度の携帯はウィルコムのAdvanced/W-ZERO3[es] 、、これって重いんですよね〜。でも♪新しモノ好きな私は初めてのスマートフォンにワクワクしています。しばらくおもちゃを与えられた子供状態になりそうだなぁ(苦笑)
リアルインターネット2100円を自費でネット見放題にしちゃおうかな♪なんて色気もあったのですがどうせ会社でデータ定額もつけてくれたし、通勤時は大事な読書タイム&空想タイムですのでやめました。
ブツがくるのは水曜日♪♪♪早くこないかなぁ!

posted by jasmintea at 17:14| Comment(18) | TrackBack(0) | ニュース・スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
秀吉が天下を取ったことを知っていて、三法師を押し立てた事実もしっている後世の人々から見れば、「当たり前」のことでも、未来を知らない当時の人々がどのようにそれを受け止めていたかということを考えると確かにいろいろな可能性があったかも知れないですね。

そのように考えれば現在のこのゴタゴタな政治情勢も後世の人はどのように批評を下すのか、それも知りたいような気がします。
Posted by さがみ at 2008年09月07日 20:41
こんばんわ
安倍さんに続き福田さんも。
福田政権は民意を得た政権とは思えませんので
こうした自民党の失態には呆れます。

財政困難で税を上げるとか経済を良くするために
公共事業を増やすとか。
今度の自民党総裁にも期待出来ませんし。
まず自分達の無駄遣いを見直して欲しいです。
解散総選挙で日本国民がどんな決断を下すのか楽しみです。
Posted by ひ〜こ at 2008年09月07日 20:58
政治に将来性を見いだせない?今、パラリンピックが楽しみですわ。。。
ホントにスポーツは純粋に楽しめますね♪

昨日(今朝未明)のWサッカー予選、わざわざ起きて観たのに、あの最後の数分はなんなんでしょう???
変にテンション上がってしまって、しばらく寝付けませんでした!
Posted by たーちゃん at 2008年09月07日 21:27
人は未来を実際に見ることが叶わないのだから、秀吉が本当に何を考えていたのかなんてことは、判らないわけですが、当事者の中に歴史をかじってる人がいたとすると、過去の中に似たような事が起こっていたはずですから。きっと「このやろう天下取る気やな」って考えた人も居たかもしれませんね。悲しいかな人間って進歩してるようで、同じ事を何度も何度も繰り返す習性があるようで。だから戦争も無くなんないし、止められない。過去を振り返れば、どうすれば未来が良くなるのかは判るような気はするんですが・・・。色んなことが便利になって進歩してるようでいて、人類が発生した当初から抱えている問題は、なぁ〜んにも変わっていないような気もします。

政治なんて所詮はパワーゲームしかなくて、置いていかれるのは常に庶民。でも民主主義をうたっているこの国では、そのパワーゲームだけに終始する輩を監視するのは、庶民の義務なんですよね。微力ながらその権利と義務を行使したいと思ってます。総選挙たぶんやるだろうし。
でも、誰をもしくは、どの党を信任したら良いのかってなると・・・どいつもこいつも同じ穴の狢みたいで・・・。となるともう一つの義務を行使しないとなんないんでしょうか?それはなぁ(^_^;) と思ってしまうのが・・・庶民の庶民たる所以でしょうねぇ(^_^;)
彼らも、元々は抱えきれないほどの希望と夢をもって政治家になったんだろうから、それを思い出してもらいたいです。官僚達も。多少政治家がサボっても立ち行くように官僚制にしてるはずなんですが、今現在は官僚制の負の一面だけが突出してるようで。こんなこと長く繰り返していると、今の政治は腐っているっと声高に言う、独裁者が現れそうでちょっと怖いです。ドラスティックに展開するには、そっちが楽ですからねぇ。
理想的な独裁者と腐った民主主義のどっちを取るかって言われると・・・ね。
それで、今まで何度も失敗してるんですが、季節はずれの螢のように甘い水に誘われないければ良いのですが
Posted by griffon at 2008年09月08日 08:46
☆さがみさん☆
こんばんは^^
この記事を書いていてすっかり思考が三法師に飛んでしまいました。
当時三法師擁立が天下取りの布石って考えていた人はどれくらいいるでしょうね?
案外当の本人も自信がなかったりして!?
あとで答えを知っている私たちには想像できない紆余曲折があったかもしれないですよね♪

そうですよね。先のことはわからないですものね。でも、後の世代に禍根を残さないようバトンタッチしたいです。
Posted by jasmintea at 2008年09月08日 21:33
南北朝もそうですが、正統性を維持するのって、とても大変なことのようですね。
それに引き換え、日本の総理の正統性ときたら、総選挙を経なくても『首の挿げ替え』で済ましてしまいますからねぇ。困ったものです。

ところで、自分も先月から携帯2台持ちになってしまいました(^^;;しょうがないので、自分用は会社用のに転送にして、重たい会社支給品を持ち歩いています(^^;;。
便利なようで、不便さを感じますね(^^)
Posted by おねすてい at 2008年09月08日 21:33
☆ひ〜こさん☆
今度こそ総選挙があるな、と思ったらせっかくの私たちが持つ権利をそれぞれが行使しなくちゃ、と思いました。
選択肢は少ないし、どこも同じでしょ、と言いたくなりますがそれでも選挙には行かなくちゃね。
今度はどんな結果が出るのか楽しみですね。

PS 国民に負担を強いて無駄遣いはあってはなりませんよね。
Posted by jasmintea at 2008年09月08日 21:39
☆たーちゃんさん☆
ね〜、どんな日本にしたいのかハッキリ提示してくれれば将来像も見えてくるのに…。

サッカー、、、、、、、、、、
あの失点シーンはちょっと……
もう少し時間があったらドローだったかもしれないですね。
テンションが上がったと言うか、下がったと言うか(グスン)
Posted by jasmintea at 2008年09月08日 21:42
☆griffonさん☆
人類が発生した当初から抱えている問題は何ら変わりないのに、頭脳だけが進化した分より殺傷能力の高い武器を作れるようになりましたよね。
お互いを殺傷するだけではなく大地や地球まで壊してしまえるモノがあることが怖いです。
歴史は戦いの記録ですものね。歴史は反省するためにあるのではなく勝利の主張のためにあるのかもしれないです。

この前の総選挙の結果はショッキングでしたよね。今度はどうなるのでしょうね…。
(と、お茶を濁した書き方ですみません)
Posted by jasmintea at 2008年09月08日 21:50
☆おねすていさん☆
「正統性の維持」って大変ですよね。大義名分の必要性は昔も今も同じかも〜。
今度こそ、総選挙をやってもらいたいですね。って、もう流れはそれしかないですが。

おねすていさんも携帯2台ですか。
学校やいろいろな場面の連絡先にしているので自分のも持ち歩くしかないですよね…。
そっかぁ、うまく転送を使えば机の上に携帯2台は避けられるかもしれないですね♪


Posted by jasmintea at 2008年09月08日 21:59
戦国時代は弱肉強食ですから、当然自分の勤める家を滅ぼさない主君を選ぶはずで、長子相続なんて関係ないですからね。清洲会議でも信雄より信孝だったわけで。この秀吉の発想は正にウルトラCで非凡だとつくづく思います。
考えてみれば戦国時代に限らず天皇家を筆頭に長子相続なんてルールは日本では確立していなかったわけですから(嫡子相続はあったとしても)、これが一種の雛形になったと考えてもいいかもしれません。家康もこれを見て家光に相続させたのかもしれず、それが固定化してあの家重も将軍になり、明治の長子相続の法制化に繋がったのかもしれません。歴史は面白いですねぇ。
現実の政治は…おっと空気を読まない発言になりそうなので控えましょう。
Posted by 凛太郎 at 2008年09月08日 22:45
戦国時代のように頭脳のきれる人間がいないですもんね。何でも横並びが良いと競うことをさせないのも、去勢されたた人間が育つだけで、リーダーが育たないと思うけど・・。政治家も官僚も極普通の生活をするべき!政治家のお給料も出来高払いのようにすれば面白いかな?民間の会社で、何もしない、何も出来ない、社員はいりませんよね〜。
Posted by mado at 2008年09月09日 12:35
例えば・・・ひとつの可能性?

本能寺の変で、秀吉が光秀をはめたと言うのはいかがでしょう?
ある程度権力が手中に入る可能性があるとそそのかしておいて、その実、自分の手のものに襲わせ、火を放つ・・・本能寺近くで火の手があがっているのを見た光秀は、はめられたと知りつつ、あえて逆臣の汚名を被り・・・

当然、こうなる事態を想定していた秀吉は、用意万端、完全な状態で戦闘に勝利

清洲会議では、勲功一番を良い事に強気の進行
その実、裏では丹羽長秀を「信雄、信孝を争わせると織田家を二分する争いとなり、折角治まりつつある国家が無に帰してしまう」と言い包め、私心が無い様ふるまって・・・

なぁんて事を考えてみたりもします(笑)
あまりにも、段取り良すぎですからね〜
Posted by 猫家江戸八 at 2008年09月09日 20:51
☆凛太郎さん☆
ホント、ウルトラCですよね〜。あまりに鮮やかすぎてつい深読みしたくなってしまって。
凛太郎さんおっしゃるとおり何せ戦国の世ですから主家が滅びてはなーんもならないですものね。
本能寺の変の黒幕とその後の歴史の動き方が一致して当たり前なのでしょうが案外黒幕の思うとおりにならなかったのかもしれないし、黒幕なんていない可能性もありますよね。
信長暗殺から茶々と寧々の評価の差や、夏の陣後の大坂の町の荒され方などまでひとくくりにして考えたくなるのですがまだうまく空想図が描けないです。

政治のことはもっといろいろ書きたいのですが、、、なかなか難しいですね。
Posted by jasmintea at 2008年09月09日 21:51
☆madoさん☆
おっしゃるとおりで。
話がズレますが長男の頃は体育祭にリレーがありマラソン大会があり、個人賞があったのですが三男はすべてないんです。どうも「競争」は×で平均的であれば○みたいな。
個性重視と言いながらおかしいですよね。
それが教育だけでなくいろいろな面に波及している気がします。

政治家の世襲制はやめてほしいですよね。
有権者の意識がかわらないと仕方ないのでしょうか?
Posted by jasmintea at 2008年09月09日 21:58
☆猫家江戸八さん☆
はい〜♪中国大返しなどやはり段取りが良くないとできないのでは?と思ってしまいますよね。
コメント下さったことはすっごく面白いです!途中まではまったく同感なのですがやはり三法師擁立がひっかかります。
光秀を討っただけでは織田家を乗っ取ることはままならなかった(この表現で良いかどうかは流して頂いて)だから清洲会議を開催して猿芝居を仕組むしかなかった、は飛んでますかね〜〜

うーん、、、こういうお話、たくさんしたいですね♪コメントを頂くとまた違う発想が湧いてきて嬉しいです!!!!!
ありがとうございました。
Posted by jasmintea at 2008年09月09日 22:10
再び^^;

秀吉にとって、一番なのは、周囲の重臣たちに連合させない事
と言うよりは、連合すれば勢力差が大きくなる事に気づかせない事

信雄につけば信雄−勝家の下、信孝につけば信孝−長秀の下
どちらにしても、一地方軍の長、しかも「信長の敵を討った」と言う事さえも霞んでしまう

さらに、その他の信長の子供を推せば、信孝−信雄が連合する事になる・・・

となれば、信忠の遺児を推すのが一番と考えたのでしょう

さらには、信雄の性格を考えれば、ほっておいても自滅、うまくすれば信孝と仲違い

そうなれば、勝家、長秀を何とかすればいいだけ
ここで、長秀を動かないようにしておけば、敵は勝家だけ

あとは各個に撃破するのはたやすい事・・・そう考えたのでは?と
Posted by 猫家江戸八 at 2008年09月10日 02:14
☆猫家江戸八さん☆
ありがとうございます♪
確かに連合は怖かったはずですよね。
信長の息子達は自分の敵とみなすほどではないが信長のもと、一緒に織田を支えてきた人たちと結びつくのが怖かったのでしょうね。まして家康を巻き込まれては。
どうも表舞台だけがやけにハッキリしていて、秀吉の天下獲りを支えた財力とか、秀吉を推した勢力とかはどうだったのだろう?と考えてしまいます。
秀吉一人の力でこうも鮮やかにいくものだろうか?なんて。
あ、もちろん彼は非凡でスゴイ!と思っていますが。
やっぱり三法師を担ぐことはどう見ても織田乗っ取りにしか見えなかったはずでそれでも三法師擁立を認めざるえなかったのは何か理由があったかなぁ?????
と、ゴチャゴチャ妄想しすぎかも(苦笑)
猫家江戸八さんのコメントはスッキリ論理的ですよね♪
もう少しわからないなりに考えてみますがいろいろ教えて下さいね!!!!!

Posted by jasmintea at 2008年09月10日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。