カテゴリー

2008年07月22日

奈良旅行〜♪

3連休で両親、妹ちゃん、姫(3歳の姪)、三男で奈良に父方のお墓参りい行ってきました。
いやいや、メッチャ暑かったです晴れ
1日目は生駒のお墓へ。これが区画はわかっていた&地図を印刷していたのでどうにかなるだろう、と父の道案内だったのですがやっぱり迷子になってしまって。
両親も姫もすっかりダウン状態……私と妹でお墓を探しに行ったのですが道を尋ねたオジサマが「どうせ通る場所だから乗せていってあげますよ」って。
チャッカリ私は「年をとった両親が上で待っているんですけど年寄りだけ乗せて頂いても良いですか?」とお願いしてしまいました。
旅行で迷子になって親切な方に車で拾ってもらうのってこれで何度目かなぁ??
ここ数年だけでも大三島、伊勢神宮、明日香と4回目??世の中親切なオジサマがたくさんいますよね♪←え??何度迷子になるんだって??あせあせ(飛び散る汗)

で、2日目は奈良のホテル近辺の史跡まわり。
興福寺から法隆寺金堂展、東大寺、春日大社など回ったのですがともかく引率に精一杯でほとんど観光の印象がなくて。歴史の息吹を感じる間もなくただリクエストのあったところをまわった感じです。
旅行前にいろいろアドバイス下さったり、ブログ記事のアップを待って下さっていた方、申し訳ないです〜〜。

そして3日目は両親と妹ちゃん、姫を見送ったあと明日香に♪
これも事前にこれ以上ないほどに詳しく教えて頂いたのですがホテルを出た時間が遅くなってしまったので一番楽しみにしていた甘樫丘はあきらめましたふらふら
三男が宿題で「蘇我氏新聞」を作るそうなので外せない石舞台古墳と飛鳥寺、入鹿の首塚と板葺宮跡をまわり高松塚古墳に。
高松塚古墳は前回は瀕死の重病でICUに入っていた感じでしたが少し回復してきたのかなぁ。古墳全景を見られるのはいつのことでしょうね。
入鹿の首塚では通ってきた板葺宮からここまで首が飛んできた話をしたら三男は「どんだけオカルトなんだよ〜」
これはそーいう問題ではなくて云々と馬の耳に念仏の三男に入鹿の悔しさを力説していた母でしたわーい(嬉しい顔)
サイクリングをするのにはハードな暑さだったので「太子の湯」や「万葉文化館」「壁画館」などで涼をとりながらでしたがおにぎりを口にほおばりながらの親子サイクリングは楽しかったです。
三男はこの旅行中ずっと父の面倒を見てくれたり、気を遣ってくれたり。サイクリングでも私がグロッキーしている間に道を聞きにいったりしてホントに頼りになりました。(ちょっとの上り坂でもグロッキーになるしょーもない親……)
親バカな私はすっかり彼の成長が嬉しかったのですが地元駅に帰ってきてからは「友達と会ったらイヤだから離れて歩いてくれ」と言われガッカリたらーっ(汗)
まぁ、そんなお年頃だから仕方ないか。これが最後の旅行なのかなぁ?とちょっと感傷的でした。

しかし今回一番不思議に思ったのは何で中大兄は宮を難波と大津にしたのでしょうね?
いろいろな解釈はありますが単純に古来からの明日香古京を離れたかった?それは何故?
「あなたは何者??」なんて妄想が近鉄に乗って、明日香から遠ざかっていく時に頭の中でグルグルまわっていました。
昔は「あなた誰?」の疑問は大海人に対して発したのですが最近はどうも中大兄に発してしまう私。
何故蘇我を倒す必要があったのか(教科書的に言えば入鹿が専横を極めて、でしょうが私はそう思っていないので)、どうして白村江まで行ったのか、彼は鎌足の傀儡なのか、そうではないのか、やっぱり歴史って面白いと感じた明日香でした。
三男の撮ったベストショット
ea5f.jpg
興福寺五重塔夜景
27a0.jpg

その他写真は、このアルバムにありますので良かったらご覧くださいませませハートたち(複数ハート)

posted by jasmintea at 18:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 旅行・おでかけ記録 | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

若干辛党宣言♪

昨日食べた韓国料理♪ユッケジャンクッパとトッポギ&韓国のさつま揚げの炒め物です。
実は最近まで私は辛いもの好きだと思っていたのですが先般もっと辛いものを平気でパクパク食べる方約2名を発見したので辛いもの好きの看板を下ろし「若干辛党」にしましたふらふら
若干辛党にはたまらない辛さです。
皆様は辛いの大好きです? 苦手です??
image004.jpg
image002.jpg

えっと、もうひとつのブログには書いていたのですが父が認知症と、病気への不安からうつ病にもなりました。
一時期に比べてうつの症状は改善されてきましたが、母も家族も初めて経験することばかりでどんな対応をとれば良いのか戸惑うことも多く、父よりも面倒を見る母の方が心配なので毎晩実家へ電話して母と30分から1時間ほど話すのと土曜の里帰りが日課になっています。
それで、なんですが家に帰ってからのPCタイムが極端に少ない状況で今のままブログを持続していくのが難しくなってきました。
たぶん一番大変な今を越えれば時間もあいてくると思うのですが、今は自分にできることを無理せずやっていきたい&自分の時間も大切にしたいわーい(嬉しい顔)(欲張りなんですよ〜)のでこの際自分の感じたことや思い出を書いているブログとここを統合しようと思います。
本来なら記事全部を移転したいのですがそれも時間がないのでこの更新分から自分のことも世の中の話題もぜーんぶここにアップしていきます。ご覧下さる方の中には個人的なことにコメントしにくい場合もあると思いますが適当に流して下さいね。
あと私しかこだわっていないと思いますがあせあせ(飛び散る汗)ブログタイトルは正しいGLAYファンの在り方として??「つづれ織り」にしますので今後ともよろしくお願いしまーすぴかぴか(新しい)

最後に今までつづれ織りにアップしていた小説もどきやもどきにもなっていないちょっとした創作&小説もどきエトセトラは旧関西どっとコムから移転した「」にあげていこうと思っていますのでこちらももし、覗いてやっても良いよ、と言う方がいらっしゃいましたら見てやって下さい猫
(新ブログは優れもので「webページ」と言う名のフリーページもあります。今までジオシティーズで管理していた内容も一本化できそう&MP形式のインポート・エクスポートもあるので活用することにしました。あと残りの作業は関コムからのデータ移行が終わったあとのリンク貼りですね…。ここでwebページを大活用したいのですがうまく行くかなぁ(・・?))

posted by jasmintea at 12:41| Comment(16) | TrackBack(0) | ひとりごと | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

七夕

1日早いけど明日は七夕ですね♪
七夕の歴史は日本書紀に持統5年7月7日に「公卿に宴を賜り朝服を給された」の記述がありこれが初めての公式的七夕の記録ではないか?と言われています。
(えっと話がメチャそれますが7月3日に持統天皇は吉野に行き12日に帰ってきています。どうもこの七夕の宴をしに吉野に行ったとしか思えないのですが何の意味があるのでしょうね。そして戻った次の記述は15日「使者を遣わして広瀬大忌神と竜田風神とを祭らせた」とこられた日にはこの一連の記述にはどんな意図があるのだろう?と空想が広がって止まりません。この頃の持統天皇は頻繁に吉野を訪れ頻繁に何かを下賜したり、頻繁に広瀬・竜田神社を祭っています。彼女の行動の裏にはどんな歴史が隠れているのかなぁ!)
以降奈良時代には七夕を行事として宮中で執り行っていたのが他の行事や習慣と同じように平安時代には貴族階級に浸透し、武家の時代に武士に浸透し、江戸時代中期から庶民に浸透したようです。

万葉集から
天の河 棚橋わたせ 織女の い渡さむに 棚橋渡せ
(何てロマンティックでステキな歌なんでしょうねハートたち(複数ハート)私も彦星に会うための棚橋がほしい〜って、そーいう問題じゃないかあせあせ(飛び散る汗)
もうひとつ
織女の 今夜逢ひなば 常のごと 明日を隔てて 年は長けむ
(こっちはちょっと悲しいですよね。今宵一夜の逢瀬のあとはまた離れ離れになって長い1年を待たなくてはいけないつらさを感じます)

この歌を見るともう万葉の時代から七夕は甘く切なくロマンティックな行事だったことがうかがえますね。
皆様はどんな七夕をお過ごしでしょうか??

PS テンプレは織姫と彦星が出会えるように霧多布岬の夜空にしてみましたぴかぴか(新しい)

PSのPS ただいま篤姫終了。今日の篤姫は七夕チックでしたね。
来週はティッシュ片手に見ないとダメかも〜〜


☆ここでティータイム☆
いよいよ洞爺湖サミットが始まりますね。都心は厳戒態勢です。
どこからこんなにお巡りさんが出てくるの?ってくらいたくさんいますし、ごみ箱はなくなっちゃうし、コインロッカーは閉鎖中。
「協力お願いします」のアナウンスではバッグや手荷物を確認することがございますが承知おき下さい、と言ってます。
早く無事に終わると良いな。

今年はいろいろなことが動いている年のようでジェットコースター的1年、と自分で銘打ってますが今日訃報が入ってきました。
4月の中旬に大腸ガンを宣告され気がついた時には肝臓にも転移。末期ガンだったので一切の治療を拒み自宅で静養されていましたが今日亡くなりました。
医者は余命3か月の診断でしたが正確なんですね……。
あくまでも少しでも長く生きるために治療をするのか、静かに死を迎えるのか。
自分だったら延命治療はしたくない、いや、でも子供や孫(がもしいたら)を1日でも長く見守りたい?とかいろいろ考えさせられたこの方の生き様と死に様でした。
もし、余命3か月と診断されたらどうするのかな?
しかし、自覚症状はあったはずで我慢していたことが発見を遅らせたみたいです。
お忙しいブロガーの皆様が多いことと思いますが自分の体は労わって、体の声を聞いてあげましょうね。
明日は最後のお別れに行ってきます。

最後に気分を変えて!府中本町の大国魂神社に行った時結婚式をやっていました。
思わずパチリと撮った1枚です。
巫女さん、かわいいですよね〜〜
image005.jpg
posted by jasmintea at 12:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。